いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

消費税の使い道 内訳と使われ方を作文向けに分かりやすく解説

time 2016/07/23

消費税の使い道 内訳と使われ方を作文向けに分かりやすく解説

大人も実はよく分かっていない税金のこと。

直接税とか間接税、所得税とか市民税って名前は聞いたことがあるけど、実際にどれくらいの金額が集まって、何に使われているのかよく分かりませんよね?

 

税金の使われ方を知ってますか?税の身近な使い道のページでは、国全体の税金の使い道について説明しましたが、ここでは私たちに一番身近な消費税の使い道について、中学生の作文に使えるくらいわかりやすくご説明していきます。

 

「夏休みの作文を早く終わらせたい人」や「夏休みの宿題が終わらない」と焦ってこのページを見ている人も、ぜひ参考にしてみてください。

税金を納める意味

誰でも自分のお金が減るのはイヤです。

お父さんたちも飲みに行くお金が減るのはイヤだし、学生さんたちもお小遣いが減るのはイヤですよね。

 

でも、みんなが自分のお金を減らしたくなくて「税金払うのやめた!」となったら?

 

税金で成り立っている色んなサービスが全てストップします。

 

一例として、みんなから集めた税金のおかげで成り立っているサービスをどれだけ使っているか考えてみましょう。

税金で成り立っているサービスの一例

【水道】
基本的に水道局は国や県ではなく、各市町村で独自に運営しており、水道代金で運営されています。

でも、水道事業が赤字の地域では赤字の埋め合わせに税金が使われています。

税金がないと、朝起きて顔を洗えない、トイレにも行けなくなります
水道

【道路】
きれいに舗装された道路で歩いたり自転車で通学しますが、その道路の舗装も税金が使われています。

でこぼこの道路だと歩きにくいし、車や自転車も通ることができませんよね。
砂利道

【学校】
公立の学校では、校舎や授業で使う学校の設備、先生のお給料など、全部税金で成り立っています。

税金がないと、勉強も出来ないし、学校で友だちと会うこともできません
学校

【年金】
65歳以上になると国から貰える年金ですが、もし年金がなければ生活できないお年寄りはたくさんいます。

お仕事を辞めたお年寄りは、若い時に一生懸命働いて、老後に備えてお金を貯めてきました。

 

でも、年金を国から貰えるから安心して生活できるし、お年玉やお小遣いをあげることが出来る人も多いですよね。

その年金も、税金から支払われています。
年金

 

このように、普段何気なく使ったりもらったりしていることでも、実は税金が使われていることってまだまだあるんですよ。

スポンサードリンク

消費税で国には何円集まるの?

ここからが今回の本題です。

 

大人なって仕事をしないと縁がない所得税や市民税と違って、何かを買うと年齢に関係なく支払わないといけないのが消費税。

消費税は、私たちにとって一番身近な税金とも言えます。

 

ではその消費税は、国と地方全体で集めるとどれくらいの金額になるのでしょうか?

答えは約21,000,000,000,000円です。

数字が多すぎてよくわからないですよね。

 

21兆円です。1万円札で21億枚。

札束を積み上げると地上210kmの高さ!

 

地球上で空気のある「大気圏」が地上100kmくらいなので、突き抜けて宇宙まで届く高さ
大気圏

消費税だけでも、想像もつかないすごい金額が集まっているんですね。

消費税の使い道

消費税を国全体で集めた金額は21兆円でしたが、いったい何に使われているのか、使い道を知っていますか?

ほぼ全部が、私達の生活を充実させるための社会保障費に使われています。

この社会保障費ですが、わかりやすく説明すると主に次の4つに分けられます

年金(11.9兆円)

65歳以上になったら国から貰えるお金で、若い時に国に支払った金額によって、老後に貰える金額が変わってきます。

この年金で毎年11.9兆円を国がお年寄りに支払っています。
社会保障年金
今の豊かな日本を作ってくれたお年寄り世代を、次は若い世代が支えていくんですね。

医療(11.3兆円)

怪我や病気で病院に行くと治療費を支払いますが、健康保険に入っている人(病院で保険証を出している人)は、実際の治療費のうち、30%だけしか病院には支払っていません。

  • 本当の治療費     1,000円
  • 実際に支払ったお金    300円
  • 残りは国が病院に支払い 700円

この例では700円を国が病院に払っていますが、これはお父さんたちのお給料から集めた「健康保険料」というお金を使っています。でもそれだけでは足りないので、消費税を集めたお金からも支払われています。
社会保障医療費

数百円のお金が積もりに積もると、11.3兆円になるんですよ!

介護(2.9兆円)

お年寄りや、若くても重い病気で高いお金を支払って治療を続けないといけない人たちがたくさんいます。

でも高くて自分たちだけでは治療費を払えなかったりするので、税金で一部を負担しています。

困ったときはお互い様で、私達もいつかは介護される側になりますものね。
社会保障介護

子育て支援(2.0兆円)

人口が減ると国の成長が止まるので、子どもを産んで育てやすくしようという狙いのお金です。

保育園が定員いっぱいで入れないが多いので保育園を増やしたり、小さな子供がいる家にお金を支給したりしています。

 

子どもがどんどん減って、日本中がお年寄りばかりの国になったら、誰も税金を払えなくなります

そうなる前に、お年寄り世代を支える若い世代の人口を増やしていこうという狙いなんですね。
子育て支援

少子化対策大丈夫?日本の人口は世界で何位?世界の人口国別ランキング!のページはこちらから

 

この4つの社会保障費を合計すると、、、約30兆円!

 

ん?集めた消費税が21兆円で、社会保障で出て行くお金が30兆円?

9兆円も足りないじゃん?

社会保障費が足りない分はどうするの?

財政不足

9兆円も足りない社会保障費ですが、今は「国債」というものを発行して国が借金して埋め合わせしているんです。

「国債」というのは、「何年後に利息を足して返すから、お金貸してね」という借用書みたいなものですね。

 

この借用書を日本の色んな会社や個人、海外の国に発行してお金をかき集めている状態なんです。

 

でも、こんなことを何年も続けた結果、国の借金(まだ返していない国債の残高)が1,000兆円になっちゃいました。本当ですよ。

 

これ、どうするのよ?

消費税の増税

消費税の使い道

国の借金(国債)は、当たり前ですがいつかは返さないといけません。

でもこれ以上借金を続けると、「日本の政府って借金まみれだけど、本当に返せるの?」とみんなが考えます。

そうすると、次は誰も国債を買ってくれません(借金させてもらえなくなる)。

または、すっごく高い利子を付けないと買ってくれません。

国名借金(国債)の利率1兆円を借りて10年後に返すお金
アメリカ国債アメリカ1.5%1兆150億円
イギリス国債イギリス0.8%1兆80億円
日本国債日本0.1%1兆10億円
ギリシア国債ギリシャ8%1兆800億円
ケニア国債ケニア15%1兆1,500億円

経済発展が遅れていたり、国の政治が不安定で戦争や内乱が多い国だと、たくさんの利息を足して返さないと借金させてもらえないんですね。

1兆円を10年借りた時、日本は10億円ですが、ギリシャは800億円ケニアだと1,500億円も利息を払わないとお金を貸してもらえないんです。

 

今の日本はまだ世界の中でも信用がある国なので、借金の利息が低いのですが、このままズルズルと借金が増え続けると、いずれは10%以上の利息を付けないとお金を貸してもらえなくなるかもしれません。

 

「このままじゃマズイ!」と考えた結果、消費税の増税になりました。

消費税が5%から8%に上がったのを覚えてますか?

 

増税で国の消費税収入は5兆円も増えたんですが、増やし過ぎると「買い物が高くなるから、家買うの止めた」となります。

みんなが買い物をしなくなると、結果的に国の収入が減るので、「税収増えたし、思い切って消費税20%にしとこうか!」とはならない訳です。

スポンサードリンク

世界各国の消費税率

日本だけではなく、世界各国に消費税やそれに似た税金(付加価値税という場合が多い)が導入されていますが、税率は何%くらいなんでしょうか?

地域国名税率
ヨーロッパデンマーク25%
ヨーロッパスウェーデン25%
ヨーロッパノルウェー25%
ヨーロッパベルギー21%
ヨーロッパオランダ21%
ヨーロッパフランス20%
ヨーロッパイギリス20%
北アメリカアメリカ合衆国0%
北アメリカメキシコ16%
北アメリカカナダ5%
北アメリカドミニカ15%
南アメリカアルゼンチン21%
南アメリカチリ19%
南アメリカブラジル17%
アフリカケニア16%
アフリカエチオピア15%
アフリカエジプト10%
アジア中国17%
アジア韓国10%
アジア日本8%

ヨーロッパは税率が高い国が多いですね。

日本は平成28年時点で8%ですが、世界の中で見ても低い方です。

デンマークやスウェーデンだと、1,000円の買物をすると250円の付加価値税がかかるんです。

高い!と思うかもしれませんが、その分社会保障が充実していると言われています。

スポンサードリンク

日本って借金返せるの?

このままだとマズイと思うのですが、今の借金を減らしたりする仕組みを考える法律や政策を考えるのが国会議員だったり、大臣だったり偉い人なんです。
大臣

この偉い人たちは誰が選んでるのかというと、、、選挙で選ばれているんです。

18歳から選挙に行けるようになりましたが、若い世代の半分以上の人が選挙に行ってないんですよね。

 

たかが僕の一票、私の一票で変わらないよ」と思わずに、しっかりと将来のことを考えてくれる人に投票すると、国の借金が減って、もっと住みやすい国になるかもしれませんよね?

このあたりの詳しいことは・・・

18歳選挙権のメリットとデメリット 年齢引き下げの理由は?

上記のページに書いているので、よかったら覗いてみてください。


 

普段はあまり気にしないで支払っている消費税ですが、使われ方を考えていくと日本の借金とか将来とか、すごくスケールの大きな話になってきましたね。

 

学校に行っている間は政治や経済のことを教えて貰える機会が少ないですが、みんなで日本の国を支えているのは間違いありません。

 

せっかくこのページを読んでくれた人は、ぜひこれをきっかけに選挙や税金のことに興味を持ってもらえたら嬉しいです!

スポンサードリンク

コメント

  • GOODd( ̄  ̄)

    by けい €2016年10月13日 12:48 PM

    • けい様
      ありがとうございます!

      by park-park €2016年10月15日 2:28 PM

down

コメントする




アーカイブ