いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

語源の辞典 「パクる」「ヤバイ」「ペヤング」の由来?

time 2016/04/09

語源の辞典 「パクる」「ヤバイ」「ペヤング」の由来?

漢字や英語の辞典は学校で使っていたと思いますが、「語源の辞典」って知ってますか?

普段使っている言葉でも、語源のルーツをはっきりと知らなかったものが結構多い。

面白かったものをいくつかご紹介していきます。

意外と知らない語源の旅

カツアゲ

恐喝して金品を奪うこと。恐喝の「カツ」と巻き上げるの「アゲ」でカツアゲ。

例)ゲーセンで高校生にカツアゲされた。

カツアゲ

ディスる

英語のdisrespect(尊敬しない、見下す)が語源。
ヒップホップ界で、他者の悪口などを言う事をディスリスペクトする→ディスると縮めたもの。

例)「俺の事ことディスってんの?」

ディスる

パクる

盗む・万引きなどの隠語で、「流用」の意味で使う事も多い。
捕縛の「縛(バク)」からきたとする説、ドイツ語の「packen(パッケン)=包む・掴む」からきたとする説がある。

例)面白い企画を先輩にパクられた。

例)お店で商品をパクったら、警察にパクられた。

パクる

ヤバイ

江戸時代の犯罪者用語が一般化したもの。
「厄場(やば)」は牢獄や看守を表す隠語。犯罪などの危険を「やばなこと」と表現し、それがやがて形容詞の「やばい」に変化。

例)「ヤバイ。どうしたらええんや?」

ヤバイ

八百長

本気で争ったとみせ、実は狙い通り勝負をつける事を指す。「出来レース」も近い意味。

明治時代の八百屋・長兵衛(通称「八百長」)が語源。

例)「あの試合は八百長だ!」

八百長

スポンサードリンク

バカ

サンスクリット語の無知・迷妄を意味する「moha(モハ)」由来。

その後「莫迦(ばくか)」という言葉になり、「馬鹿」と当て字されたと言われている。

馬も鹿も、実は関係なかった

例)馬も鹿も、馬鹿ではない。

バカ

シカト

花札の「鹿の十」が略された語。
この札が鹿が横を向く絵柄のため、そっぽを向く事や無視する事を指す様になった。

シカト

水商売

流れる水の如く収入が不安定な仕事の意。

例)水仕事と水商売は微妙に間違えやすい。

1e77f3aa4fc0fa9d32d44e8168072943_s水仕事

水商売水商売

テンパる

麻雀用語の聴牌(テンパイ)が語源で、あと一枚牌が揃えば勝てる事。
嬉しさと同時に緊張から強くストレスを感じる事を指す。

本来の使い方)「よし、テンパった!(あと一手で上がりだ!)」

テンパイ

サジを投げる

お医者さんが薬を調合する匙(サジ)のことで、患者さんの治療方法が見つからずに治療(薬の調合)を諦めてしまうことが語源。

進展や改善が見込めない、諦める、手を引く、の意味。

例)あの見込み客は誰がアプローチしてもダメだ。もう匙を投げた。

匙を投げる

ハヤシライス

古語で「細かく切る」の意味である「はやす」が語源。
また、英語の「ハッシュド(Hashed) 」の訛りから「はやし肉」などの語が生まれ、それを使った料理でハヤシライスだという説もある。

正解)ハヤシライスは林さんが考案したのではない。

ハヤシライス

かまととぶる

幼児言葉の「とと(魚)」が語源。
花柳界での流行り言葉で、「かまぼこは”とと”から出来たの?」と無知で純粋なふりで、客に媚びる遊女を指したことから。

例)あいつはかまととぶったヤツだ

かまととぶる

呂律(ろれつ)

雅楽の「呂・律」という二つの音階から来た言葉で、元は「りょれつ」と読む。
音階が合わない事を「呂律が回らない」と言い、発音が「ろれつ」に、使い方も現在の様に変化した。

例)「呂律が回ってないけど、酔ってんの?」

呂律

ハイジャック

アメリカでの禁酒政策時代の話。
知人のふりで「ハーイ、ジャック!」と車に近づき、運転手を襲っては密造酒を奪う事件が多発。

当時の強盗全般がそう呼ばれた事からと言われる。

「ハイ」は空のことでは無いので、「バスジャック」は和製英語。

ハーイジャック!

還暦

満60歳の事。「干支」が一巡りして戻る事、つまり「暦が還る」事を指す。

「支」は「十二支」のこと。「ね・うし・とら。。。」のあれです。
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

「干」は「十干」のことで次の10種類。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

「干」と「支」の組み合わせが60パターンあるので、60年で一周と考える。

うんちく)甲子園球場は「甲」の「子」の年に出来たので甲子園。

還暦

スポンサードリンク

ほくそ笑む

してやったりの顔で、一人ひそかに笑うこと。

昔の中国で北の方の砦に住んでいた老人塞翁の名前が北叟(ほくそう)と言いました。

北叟は喜ぶときにも悲しいときも、少しだけ笑ったという故事 より、「ほくそう笑む」が転じて「ほくそ笑む」。

図星

射的の中心にある、黒い点の事。
矢を射る時に狙うことから、目当て・急所の意味となり、更に相手の思惑を指す様になった。

図星

あたりめ

食べ物の「するめ」が転じた言葉。
縁起物として扱われる際に、博打の「擦る」「磨(り減)る」「掏る(盗む)」といった言葉が含まれるのが良くないとされた。
そこから縁起の良い「当り」に変えて、「あたりめ」。

 

 

 

 

ペヤング

「ペア」と「ヤング」を足した造語。昭和48年の発売当時は袋麺が主流で、カップ麺は高級なイメージがあった。
そこで若いカップル=ペアにも気軽に食べて欲しいという思いからつけられた。

 

どこかで使う機会があったあら、ドヤ顔で言ってみてくださいね!

スポンサードリンク

down

コメントする




アーカイブ