いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

日本の死刑囚一覧 収監人数とその生活、最後の食事と執行方法

time 2016/09/16

日本の死刑囚一覧 収監人数とその生活、最後の食事と執行方法

日本には死刑制度があり、裁判で死刑が確定し、執行待ち状態での刑務所収監人数リストは約120名にもなります

死刑囚確定数執行数収容人数
※クリックで拡大します。

戦後から1980年代初頭までは死刑判決の確定数、執行数、執行待ち死刑囚の収容数も減っていましたが、犯罪の凶悪化や厳罰化を踏まえて近年はいずれの人数も増えてきています

 

ここでは、これまでに死刑判決が確定した人数や執行された人数のリスト、女性死刑囚の有無など、詳しくご紹介していきます。

※警察関連の人気記事はこちらから!※

警察官の階級一覧 キャリア組は新人でもこんなに偉かった!
交通違反の罰金と反則金 違いとその使い道を知ってますか? 
税金の使われ方を知ってますか?税の身近な使い道を知ろう

スポンサードリンク

収監中の死刑囚一覧と事件名

死刑判決確定の新しい順番に並んでいます。

なかには死刑囚として、40年以上収監されている囚人も数名います。

 

長い一覧ですが、ぜひご覧ください。

★は女性死刑囚

死刑囚事件名犯行時年齢事件日
上田美由紀★鳥取県連続不審死34歳2009.04.23
木嶋(土井)佳苗★首都圏連続不審死33歳2008.09
筒井郷太長崎ストーカー殺人25歳2011.12.16
千葉祐太郎石巻3人殺傷18歳2010.2.10
浅山克己山形・東京連続放火殺人44歳2010.10.2
伊藤和史長野一家3人殺害31歳2010.3.24
高橋明彦福島会津美里夫婦強盗殺人46歳2012.7.26
高見素直大阪此花区パチンコ店放火殺人41歳2009.7.5
新井竜太横浜深谷男女二人殺害39歳2008.3.13
藤城康孝加古川7人殺人47歳2004.8.2
加藤智大秋葉原無差別殺傷25歳2008.6.8
桑田一也交際女性・妻殺人39歳2005.10.26
奥本章寛宮崎家族3人殺害22歳2010.3.1
松原智浩長野一家3人強盗殺人39歳2010.3.24
小泉毅元厚生事務次官連続襲撃46歳2008.11.17
矢野治暴力団組長射殺・前橋スナック乱射53歳2002.2.25
小川和弘大阪個室ビデオ店放火46歳2008.10.1
高柳和也姫路2女性バラバラ殺人39歳2005.1.9
山田健一郎前橋スナック乱射37歳2003.1.25
住田紘一
'17年7月執行
岡山同僚女性バラバラ殺人29歳2011.9.30
伊藤玲雄架空請求詐欺グループ仲間割れ30歳2004.10.13
清水大志25歳
渡辺純一28歳
野崎浩お台場フィリピン女性2人殺害40歳1999.4.22
阿佐吉広都留市従業員連続殺人48歳1997.3.1
謝依俤品川製麺所夫婦強殺25歳2002.8.31
田尻賢一
’16年11月執行
熊本主婦殺傷33歳2004.3.13
岩森稔本庄夫婦殺害62歳2007.7.21
大月孝行光市母子殺害18歳1999.4.14
松永太小倉監禁連続殺人35歳1996.2.1
兼岩幸男交際女性2人バラバラ殺人42歳1999.8.15
守田克実警察庁指定124号事件54歳2005.8.5
遠藤誠一松本サリン事件等34歳1994.6
中川智正坂本弁護士一家殺害等26歳1989.2
魏巍福岡一家4人殺害23歳2003.6.20
北村孝大牟田市4人連続殺害23歳2004.9.16
北村実雄60歳
北村孝紘20歳
北村真美★45歳
池田容之横浜沖バラバラ強殺他31歳2009.6.18
大山清隆広島連続保険金殺人37歳1998.10.1
渕上幸春宮崎の口封じ連続殺人30歳1999.3.25
大倉修同僚・妻連速殺人35歳2004.9.16
小林竜司東大阪大生リンチ殺人21歳2006.6.19
芳我匡由少年による連続リンチ殺人18歳1994.9.28
黒澤淳19歳
小林正人19歳
鈴木泰徳福岡3女性連続強盗殺人35歳2004.12.12
土屋正実松本サリン事件他29歳1994.4
原正志大分替え玉保険金殺人45歳2002.1.8
尾崎正芳28歳
藤崎宗司鉾田町独居高齢者連速強殺44歳2005.1.18
高尾康司館山市一家4人放火殺人39歳2003.12.18
大橋健治大阪岐阜連続女性強殺64歳2005.4.27
新実智光坂本弁護士一家殺人他26歳1989.2
菅峰夫架空建設計画取引による連続殺人45歳1996.6.8
井上嘉浩オウム元信者殺害他24歳1994.1
窪田勇次北見市資産家夫婦殺人43歳1988.10.21
広瀬健一地下鉄サリン31歳1995.3.20
豊田亨地下鉄サリン27歳1995.3.20
早川紀代秀坂本弁護士一家殺人他46歳1989.2
小日向将人前橋スナック乱射34歳2003.1.25
高橋秀仙台市暴力団幹部による強殺38歳2001.1
小野川光紀群馬県パチンコ店員連続強殺26歳2003.2.23
風間博子★埼玉愛犬家連続殺人36歳1993.4
関根元
’17年3月病死
51歳1993.4
林眞須美★和歌山毒物カレー事件37歳1998.7.25
八木茂本庄保険金殺人45歳1995.6
加賀聖商伊勢原市同居母子強殺40歳2001.8.4
長谷川静雄宇都宮実弟殺人63歳2005.5.8
小池(林)泰男地下鉄サリン47歳1995.3.20
外尾計夫父子保険金連続殺人45歳1992.9.1
庄子幸一大和連続主婦強殺46歳2001.8.28
畠山(小田島)鐵男
’17.09病死
警察庁指定124号62歳2005.8.5
端本悟坂本弁護士一家殺人22歳1989.11
後藤良次宇都宮監禁殺人42歳2000.7.30
横山真人地下鉄サリン31歳1995.3.20
浜川邦彦三重連続射殺34歳1994.7.19
薛松 春日部中国人夫婦殺害27歳2000.9.22
中原澄男太州会内部抗争連続殺人50歳1997.10.6
造田博池袋通り魔殺人23歳1999.9.8
西山省三福山市強盗殺人39歳1992.3.29
下浦栄一マニラ連続保険金殺人23歳1994.12
松本和弘40歳
高橋義博 医師ら生き埋め殺人43歳1992.7.23
長勝久栃木・妻と知人殺人22歳1988.11
石川恵子★宮崎2女性殺人38歳1996.8.29
江東恒堺夫婦殺人55歳1997.10.30
高橋和利鶴見事件54歳1988.6.20
松本智津夫坂本弁護士一家殺人等35歳1989.2
豊田義己静岡・愛知2女性殺害52歳1996.8.31
山口益生古美術商ら2人殺人44歳1994.3
田中毅彦右翼幹部2人殺人29歳1992.2.9
上田宜範大阪愛犬家連続殺人38歳1992.6.19
堀江守男仙台老夫婦強殺37歳1986.2.20
松沢信一警察庁広域重要指定121号32歳1993.10
高根沢智昭群馬県パチンコ店員連続殺人36歳2003.2.23
西川正勝
'17年7月執行
警察庁広域重要指定119号35歳1991.12.13
宮前一明坂本弁護士一家殺人等28歳1989.2
間中博巳同級生連続殺人21歳1989.8.9
森本信之フィリピン女性2人殺人44歳1998.12.25
倉本政隆福岡連続強盗殺人44歳1995.3.22
末森博也コスモ・リサーチ事件37歳1988.1.29
岡本(川村)啓三30歳
黄奕善警察庁広域重要指定121号24歳1993.10.27
横田謙二川口バラバラ殺人50歳1999.1.9
何力多摩市パチンコ店強殺27歳1992.5.30
陳代偉31歳
関光彦市川一家4人殺害19歳1992.3.5
松本健次京都・滋賀連続強殺39歳1990.9.6
松井喜代司安中親子3人殺人46歳1994.2.13
高田和三郎友人3人殺人40歳1972.2
松本美佐雄妙義山ろく連続殺人25歳1990.12.4
柴﨑正一中村橋派出所2警官殺人20歳1989.5.16
宮崎知子★富山・長野2女性誘拐殺人34歳1980.2.23
神宮(広田)雅晴警察庁広域重要指定115号41歳1984.9.4
大城英明内妻一家4人殺人34歳1976.6.13
山野静二郎不動産会社連続殺人44歳1982.3.21
猪熊武夫山中湖連続殺人35歳1984.10.11
大森勝久北海道庁爆破27歳1976.3.2
坂口弘連合赤軍事件24歳1971
佐々木哲也市原両親殺害22歳1974.10.30
金川一熊本免田町主婦殺害20歳1979.9.11
藤井(関口)正安殺し屋連続殺人28歳1970.2.13
渡辺清連続4人殺人20歳1967.4.24
浜田武重
'17年6月病死
3連続保険金殺人51歳1978.3.24
益永(片岡)利明連続企業爆破23歳1971.12
大道寺将司
'17年5月病死
23歳

2017年1月時点で、最も長く収監されているのは「マルヨ無線強殺放火事件」の尾田信夫死刑囚(66歳)で、人生の3分の2以上を拘置所内で死刑囚として生活しています。

死刑囚の収監状況

日本全国の死刑囚収容施設

日本全国には少年刑務所、医療刑務所、交通刑務所なども合わせて67の拘置施設がありますが、裁判で死刑判決が確定した場合、死刑執行施設のある次の拘置所に収監されます。

  • 札幌拘置所
  • 宮城拘置所
  • 東京拘置所
  • 八王子医療刑務所(施設なし)
  • 名古屋拘置所
  • 大阪拘置所
  • 広島拘置所
  • 福岡拘置所

「拘置所」は本来、裁判で刑が確定するまでの間に収容される施設で、「刑務所」は裁判によって刑罰に服することが確定した人が入る施設です。

しかし、死刑が確定した死刑囚は「刑務所」ではなく「拘置所」に拘置されることになっています。

 

ちなみに「留置所」は、逮捕されてた人が逃げたり証拠隠滅をしないように拘束するための施設。

1件の犯罪に対して最長21泊可能です。

収監中の死刑囚人数

2017年1月時点では次の通り。

合計125名の死刑囚が収容中で、うち女性の死刑囚(カッコ内)は5名。

  • 札幌拘置所・・・2名
  • 宮城拘置所・・・3名
  • 東京拘置所・・・68名(1名)
  • 八王子医療刑務所・・・0名
  • 名古屋拘置所・・・9名(1名)
  • 大阪拘置所・・・19名(1名)
  • 広島拘置所・・・5名
  • 福岡拘置所・・・19名(2名)

死刑囚にかかる年間経費・予算

数年前の法務省発表資料によると、日本全国の刑務所や拘置所、少年院などにかかる経費は1年間で約2,300億円。

 

刑務官の人件費等も含めてですが、服役している囚人1人あたり約250万円の税金が予算として投入されています。

 

死刑囚1人当の経費算出は難しいので、刑務所や拘置所全体で算出しています。

死刑囚の生活

他の懲役刑を受けている者と違い、「死を以って罪を償う」という観点から、死刑囚には刑務作業が課せられません

死ぬことが刑なのと、作業の刑で、二重刑罰になってしまうからなんです。

 

起床や消灯、食事や入浴などは決められたスケジュールに沿って行動しますが、基本的に自由時間が多くなっています

  • 服装・髪型は自由
  • 本人希望で軽作業も可能
  • 独房内でテレビやビデオの視聴も月に数回可能
  • 週に3回は日光浴も可能(鉄格子の庭)
  • 自由時間に習字や絵を描くことも許されている
  • 親族や友人、弁護士や教誨師の面会も可能

死刑囚独房
死刑囚独房

死刑囚外出
死刑囚外で日光浴びる
この中で外の空気を吸ったり日光を浴びます。

スポンサードリンク

死刑囚最後の食事

ドラマや映画などで「死刑囚の最後の晩餐」といったものが流れますが、実際には日本の死刑囚は「特別な食事」というものはありません

 

死刑の執行は、死刑囚には当日の朝に知らされるため、最後の晩餐は無いのです。

アメリカの刑務所では死刑囚の希望に沿った最後の晩餐が供されることもあり、実際に死刑囚に提供された食事をまとめた本も日本語訳で出版されています。

【死刑囚 最後の晩餐】

クリックするとAmazonで詳細確認できます。

死刑囚最後の晩餐1

死刑囚最後の晩餐2

死刑囚最後の晩餐3

ちなみに、普段の死刑囚の食事は、死刑囚以外の囚人と差はありません。

こんな感じで、味は薄いけど栄養はしっかり摂れるとのこと。
囚人食事

日本の死刑制度

世界的に死刑廃止論が高まっていますが、日本を含めて死刑制度が残っている国や地域は約50

世界には約200前後の国や地域がありますので、圧倒的に少数派です。

 

日本では死刑になる可能性のある犯罪は明確に規定されていますが、法律上では他人の生命を奪っていない犯罪でも死刑になりうることがあります。

死刑制度のある国一例

アジア・・・日本、台湾、北朝鮮、中国、マレーシア等

アフリカ・・・エジプト、エチオピア、ナイジェリア等

南北アメリカ・・・アメリカ(一部の州)、キューバ、ドミニカ等

 

死刑制度の残る国はアジア・アフリカに多く、アメリカ大陸やヨーロッパでは殆どの国で廃止か停止されています。

死刑が適用される犯罪の一例

  • 殺人
  • 現住建造物等放火
  • 内乱
  • 強盗致死
  • 強姦致死
  • 水道への毒物混入
  • ハイジャック、海賊行為
  • 爆発物使用
  • 外患罪(外患誘致罪)

また、「外患罪」は、外国と共謀して日本に武力行使する罪で、法定刑は死刑のみです。

未遂で被害者がいなくても必ず死刑判決になり、刑法上で最も重罪になります。

ただし戦後においては、死者が出ていない犯罪で死刑判決が確定した例はありません。

 

しかし犯罪の性質や動機、残虐性や社会的影響を踏まえて、亡くなった被害者が1人の場合でも死刑判決が出ることがあります。

また、犯行時に未成年者であった場合でも死刑判決が確定、執行した例が複数あります。
未成年死刑確定報道1

未成年死刑確定報道2

スポンサードリンク

死刑判決確定から執行まで

判決が確定した後に、法務省内部で上告の有無や再審請求の有無、恩赦相当であるか、妊娠中や心神喪失状態でないか、冤罪の可能性などを慎重に判断し、最終的に法務大臣の命令によって執行。

大臣の命令から、原則5日以内に執行される規定になっています。

死刑確定から未だ執行されていないケースも多数あり、最長では40年以上死刑囚として拘置されている死刑囚もいますが、判決確定から執行までの平均は約8年となっています。

死刑の執行方法

現在の日本では「絞首刑」により執行されます。

規定により、祝日や年末年始に執行されることはありません。

以下、法務省の公開した刑場と執行の手順です。

◆当日の朝、死刑囚が刑務官によって刑場に連れて行かれる。
◆遺言などを聞かれた後、拘置署長から執行を告げる。
死刑執行刑場
かつては死刑の執行を前日の晩告知していましたが、告知を受けて自殺する死刑囚がいたため、現在は当日の朝、死刑囚本人に告知することが慣例になっています。

死刑執行場2

◆仏壇のある部屋、教誨室で最後のお別れ。
◆教誨師がお経を上げてくれる。
◆希望があれば牧師も呼べる。
◆最後にお菓子やタバコが許可されることもある。
刑場教誨室

◆その後、前室に移動して頭から白い布、両手に手錠。
◆カーテンが開き、刑務官の案内で隣の執行室に移動。
◆中央の踏み板の上に立ち、首にロープが巻かれ、足も縛られる。
死刑執行室

◆立会の署長や刑務官、執行官は約10名。
◆刑務官がボタンを押すと、床の板が外れて絞首。
◆ボタンは3つほどあり、どの刑務官が押したボタンで床板が外れたかわからない仕組み。
◆ボタンを押した刑務官からは、死刑囚が落ちる瞬間は見えないよう配慮。
死刑場ボタン

◆立会人がガラス越しに見届け。
◆30分ほど体が吊られた状態のままにする。
◆その間、読経が続けられている。
◆医師により死亡が確認された後も、5分間はそのまま。
死刑執行場 上下

◆遺体は洗浄の後、白装束に着替えて納棺。
◆執行後に遺族や法務大臣に報告され、会見で執行を広報。

遺体が遺族によって引き取られるケースは少なく、ほとんど拒否されるため、法務省によって火葬・埋葬されます。

また、ボタンを押す係になった執行官は現金で2万円が支給されますが、供養のために寺院などに行く方が大半だそうです。

死刑囚が題材の映画やドラマ・漫画

実話や手記、フィクションをいくつかご紹介します。

画像をクリックすると、アマゾンで詳細を確認できますので、気になる方はどうぞ。

「教誨師」

死刑に何度も立ち会った教誨師の話。

 

「死刑のすべて」

東京や広島拘置所、大阪や甲府の刑務所で看守を務めた元刑務官が明かす、囚人の素顔などが掲載されています。

 

「我が一家全員死刑」

福岡県大牟田市4人殺害事件で親子4人が死刑囚となった北村一家の次男、北村孝紘死刑囚死刑囚の手記。

 

「バキ 最凶死刑囚編」

有名な人気漫画です。

 

「私は貝になりたい」

元陸軍中尉で、一度は東京裁判で死刑判決(後に減刑)を受けた加藤哲太郎の手記を元にした脚本。

フランキー堺さん、所ジョージさん、中居正広さんらによって何度か映画化されています。

 

「グリーンマイル」

トム・ハンクスが死刑囚の看守を務めるストーリー。

 

「死刑囚042(オシニ)」

”おっとり捜査”で有名な人気漫画家、小手川ゆあさん作のフィクション。

 

死刑囚を題材にしたフィクション・ノンフィクションは昔からたくさんありますね。

「私は貝になりたい」は所ジョージ版と中居正広版の両方観ましたが、戦時中に上官に命令された出来事とは言え、本当に悲しくなります。


 

死刑制度には賛否両論ありますが、個人的にはご遺族の感情を汲むとやむを得ないのではないか、と考えています。

 

大切な人を奪われた悲しみや怒りが極刑で収まるものではありませんが、それでも加害者が刑期を終えてどこかで楽しく過ごしていることを考えるとね。。。

 

もちろん冤罪があってはいけないので不正のない正しい捜査・裁判を行って欲しいですが、思うところあって今回まとめてみました。

スポンサードリンク

down

コメントする