いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

コンビニオーナーの年収教えます おにぎり1個の利益知ってますか?

time 2016/05/31

コンビニオーナーの年収教えます おにぎり1個の利益知ってますか?

サラリーマンならいつかは独立したいと思うこと、多いですよね。

 

近くで儲かってそうなコンビニがあると、「コンビニのフランチャイズオーナーの年収ってどれくらいなんだろう?」「自分でもコンビニ経営やれないかな?」と思う方は少なくありません。

 

私は10数年ほど某コンビニ本部で、オーナーに経営指導するスーパーバイザー(SV)をやってましたが、知人から「コンビニオーナーって年収どれくらいなん?」とよく聞かれました。

 

そんな質問には、いつも「ポルシェ買ったオーナーもいるし、毎日お店の売れ残り食べてるオーナーもいる」と答えていましたが、はっきり言いましょう。

 

コンビニ経営は儲かります

 

もちろん全員が儲かっているわけではありません。

でもゼロではないですが、自分で一から商売始めるよりも、はるかにリスクは少ないです。

 

ただし、変なお客さんも多いし、生意気な中学生も来るし、よほど商売が好きな人じゃないとストレス抱えます

 

おまけに高校生のバイト君は、「100円のおにぎり売れたら、利益100円ですよね!」と真顔で答えてくれます。

「1日の売上50万円だから、オーナーの給料は1,500万円ですか?すごいっすね!」なんて考えている子がゴロゴロいるんです。

 

 

で、本題のコンビニ経営者の年収ですが、おにぎり1個売れたら、オーナーの手元にいくら残るかご存知ですか?

先ほど「コンビニ経営は儲かる」と言いましたが、本当に薄利多売な商売なんです。

スポンサードリンク

コンビニオーナーの年収

いきなりですが、気になるオーナーの年収です。

もちろんお店によって違いますが、平均するとだいたい700万円くらい。

これは商品の仕入れ代金や人件費、本部に支払うロイヤリティなどを差し引いた後の、手元に入るお金です。

 

私が本部スーパーバイザーとして担当したお店が関西地方の約30店舗くらいですが、700万円はその平均値

500店舗くらいの損益計算書と貸借対照表を見てきましたが、全国的に見てもそれほど大きく違いはありません。

 

 

ただし、私が担当した店舗で一番年収が多いオーナーだと4店舗経営で2,000万円(ポルシェのオーナー)くらい。

一番少ないオーナーで、300万円くらいでした。

 

30店舗担当して年収が500万円以下だったのはこの300万円の1店舗だけでしたが、その後は店舗を移転(後に詳しくご説明します)して、今は年収700万円オーバーになって結構儲かってるみたいです。

 

とは言っても、これらの収入はオーナーだけで稼いだ収入ではありません。

基本的には奥さんと一緒に経営するので、”共働き夫婦の年収“になります。

 

オーナーの年収350万円、奥さんの年収350万円と考えると良いでしょう。

コンビニオーナーの支出

続いては年収の次に気になるオーナーの支出です。

ひとくちに「支出」といっても、オーナーの家族構成やローンの有無によって支出金額は全く変わってきますよね。

 

話をわかりやすくするために、「コンビニ開業前と比べて増える支出」に絞ってお話しますが、独立前の会社員時代もコンビニ開業後も、生活水準を変えなければ、「増える支出」は実は限られています。

  • 法定福利費(国民年金・健康保険)が全額自腹
  • 税理士費用(年間平均30万円前後)

 

これくらいではないでしょうか。

個人事業主のまま経営を続けるのか、経営が軌道に乗って「法人成り」するのかで、少し数字は変わってきますが、やはり一番大きいには年金・健康保険ですね。

 

会社負担分が無くなるので、同じ収入ならサラリーマン時代の倍の金額を支払わなくてはいけません。

最初はどの脱サラオーナーさんも、保険料の高さに結構ヘコむんです。

 

「会社が年金・保険料の半分を出しててくれたんだ!」とありがたさに気づく瞬間ですね。。。

 

 

ここまでで、オーナーの収入と支出についてご紹介してきましたが、ここから先はコンビニを経営する上での利益の計算方法や、儲かる商品、リスクの少ない立地選びなどをご紹介していきます。

コンビニのロイヤリティー計算方法

お客の立場としては、商品が1個売れた時のオーナーの収入ってわかりにくいですよね。

では具体的におにぎりが1個売れた場合の利益の内訳を追っていきましょう。

100円のおにぎりが1個売れた!

コンビニ1

おにぎり、お弁当、パン、サラダなど、ほとんどの商品の原価(オーナーの仕入れ値)は売価の70%くらい。

なので、普通に考えるとおにぎりが1個売れたら利益は30円です。

コンビニ本部にロイヤリティを払う

上の例で利益の30円がまるまるオーナーの収入になればいいのですが、そうするとコンビニ本部にはお金が入ってきません。

 

なので、利益の30円(粗利益)を本部とオーナーで分けるのですが、今では90%以上を占める脱サラオーナーの場合だと、コンビニ本部側が土地や建物を用意してオーナーが借りる形を取っているので、30円の分け前は次の通りです。

粗利分配

契約形態にもよりますが、脱サラオーナーの場合はだいたいこんな感じです。

粗利益の70%が本部の収入になります。

 

「オーナーの収入、きゅ、9円!?」と驚かれると思います。

でも、本当に9円です。

おにぎり1個売れた場合のオーナーの取り分は、間違いなく9円なんです。

 

オーナーって本当に儲かるの?って不思議に思いますよね。

売れ残った場合は?

世の中にはたくさんのコンビニがありますが、おにぎりを1個だけ発注する店なんてありません。

昆布やツナマヨなど、色んな種類のおにぎりを合わせて、少なくても毎日100個以上は仕入れしますし、多い店では1日で1,000個も発注します。

 

ここでは分かりやすくするために、10個発注して2個売れ残った(廃棄処分)の例で見ていきましょう。

 


おにぎりを10個仕入れました。
仕入れ値は70円が10個で700円です。

次に、おにぎりが8個売れて、2個売れ残った(廃棄処分)場合。


売上 800円(100円が8個売れた)
原価 700円(70円で10個仕入れた)
粗利益100円

【粗利益100円の分け前】
本部  70円
オーナー30円

オーナーは廃棄分を自分で負担しないといけないので、
分け前30円-廃棄140円(70円×2個)で、110円の赤字!

このように考えますよね?

でも違います。

 

コンビニの会計システムは違うんです。

コンビニのややこしい会計システム

粗利益の計算をする時は、レジを通った商品(売れた商品)の個数分だけを”原価”として計算します。

売上 800円(100円が8個売れた)
原価 560円(70円×売れた8個)
粗利益240円

【粗利益240円の分け前】
本部  168円(70%)
オーナー   72円(30%)

ここから廃棄分を、オーナーの分け前から差引します。
分け前72円-廃棄140円(70円×2個)で、68円の赤字

 

このようになります。
どっちの例でも売り上げは800円で変わってないのに、計算方法を変えると本部もオーナーも分け前が増えました!

 最初の計算方法後の計算方法
売上800円800円
原価700円560円
粗利益100円240円
本部分け前70円168円
オーナー分け前30円72円
オーナ売れ残り分負担▲140円▲140円
オーナー最終利益▲110円▲68円

オーナーの赤字額も減っていますが、赤字は赤字です

 

良い悪いは別にして、コンビニではこのような会計システムを採用しています。

おにぎり1個の利益

10個仕入れて2個売れ残って廃棄処分にしたら、オーナーは赤字なんです。

1個の売れ残りだとギリギリ赤字になるか、ならないかのレベル

 

ね、薄利多売でしょ?

これで本当にオーナーは儲かってるの?

スポンサードリンク

オーナーはコレで儲けている!

仕入れたおにぎりが売れ残って廃棄処分になると、オーナーはたちまち赤字です。

 

じゃあ、何で儲けているのかと言うと、”売れ残っても廃棄にならない商品“と”利益率の高い商品“ですね。

 

具体的にはポテトチップスや歯ブラシなんて、売れ残っても腐らないので廃棄処分にはなりません。

ペットボトルのドリンクも同じです。

 

また、利益率の高い商品で定番なのがカウンターに置いてある”ファストフード”や”100円コーヒー”です。

コンビニで取り扱っている商品の、おおよその原価率は次の通り。

 

原価率が低い商品は儲けが多いですが、逆に原価率が高い商品は儲けが少ないということになります。

カテゴリー原価率
お弁当・惣菜類70%
ファストフード30%
カウンターコーヒー15%
ペットボトルドリンク60%
雑貨類50%
ポテチ70%
タバコ90%
コピー機10%
ATM設置料毎月定額2~3万円

意外なところでは、コピー機の利益率は非常に高いんですよ。

 

コピー機は急にシフト休んだりしないし、文句も言わず24時間働いてくれます。

テスト前に学生さんがコピーをじゃんじゃんやってくれると、非常にありがたいんです。

 

あとはカウンターの100円コーヒーやファストフード類。

原価が安いので、フランクフルト1本売れ残ってもビクともしません

 

逆に、タバコは原価率が90%と高いので、儲けは10%しかないんです。

タバコを買うお客さんは多いし、単価も高いのですが、実はあまり儲かる商品ではないんです。

 

もしタバコ1箱を失くしたり万引きされた場合、計算上はタバコを30箱売らないと損失分をリカバーできません。

たばこ1箱金額
売値400円
仕入れ値360円
粗利益40円
本部収入28円
(40円×70%)
オーナー収入12円
(40円×30%)

在庫がしっかり出来るオーナーは儲けていますし、どんぶり勘定のオーナーは儲かりません。

 

ちなみにこちらのページでは、切手やハガキが売れた時のオーナーの利益をご紹介していますので、合わせてご覧ください!

コンビニで買える切手とハガキ・印紙の種類 お店の利益は? 
コンビニで切手や収入印紙を売ってるって、実は知らない人も多いようです。郵便局が閉まった時間帯でも買えるので便利ですが、どんな種類の切手や収入印紙を販売してい...

オーナー泣かせの”憎くて仕方がないお客”

お店によって異なるのが、商品の売上比率の内訳です。

具体的にはお弁当などの”売れ残ったら廃棄処分する商品群“と、雑貨やソフトドリンクのような”廃棄処分にならない商品群“の2つに分けることができます。

 

おおよそ平均値としては、廃棄処分あり:廃棄処分なし=40:60 くらいです。

 

売上の大半(約60%強)は廃棄処分にならないカテゴリーなので、このカテゴリーの比率が高いほど、安定的に利益を確保できます。

 

でも「じゃあ、おにぎりとかお弁当はそんなにたくさん仕入れたら損なんだ」と勘違いしてはいけません!

おにぎりを買いに来るお客さんは多いし、注文する量が少なくて毎日売切れていると、お客さんは逃げてしまいます。

 

おにぎりを買いに来るお客さんの数が減ると、当然ドリンクやお菓子などの「ついで買い」も減るからです。

コンビニ経営で客数を減らしてしまうので命取り

 

だから、おにぎりは売り切れないような数を注文するけど、売れ残りの廃棄処分は1個でも減らしたいのが本音なんですよね。

でも、この淡い期待を軽く蹴散らしてくれるお客さんがいるんです。

 

それは、奥の新しい商品から取っていくお客!

 

陳列している順番通りに売れたら廃棄処分にしなくてもよかったのに、後ろの新しい商品を取っていかれると、賞味期限が近付いてしまい、そのまま廃棄処分になります。

 

今すぐ食べるんだったら、手前の商品から手に取れ!

 

全国のコンビニオーナーがこうやって心の中で叫んでるんですねぇ~。

テレビで「食品廃棄なんてけしからん!コンビニは悪だ!」と言ってる評論家なんかも、いざ自分が買い物に行くと奥から手に取ってるに違いない!と個人的には思っていました。

 

翌日の朝ごはん用に買うのなら仕方ないですが、家に帰ってすぐに食べるなら、お客さんには出来るだけ手前の商品を選んで欲しいんです!

それだけで食品廃棄もどーんと減りますしね。

スポンサードリンク

儲かるコンビニの立地

住宅地から行楽地、繁華街や駅構内、学校内など全国津々浦々にコンビニはありますが、元本部社員として”外さない立地”を挙げるとすれば、間違いなく【繁華街】や【駅前】の人通りが多い立地です。

 

私なら住宅街は選びません。

 

住宅地は安定して常連さんに売り上げを支えてもらえるメリットがありますが、競合店が出てくると極端に売り上げが減ります。

 

一方で、繁華街などの人通りが多い店だと、近くに店が出来ても元々の人通りが多いので、“壊滅的被害”にはなりにくいです。

 

私は自分で客商売に向いてないと自覚があるのでやりませんでしたが、コンビニオーナーって実入りの悪い商売じゃないですよ!

もしオーナーをやるなら、人通りが多い場所を選んでください!

 

ただし、万が一、”全然売れないお店”に当たってしまった場合、よほど資質の悪いオーナー(お客にケンカ売る、本部とのルールを守らない)でなければ、他のお店に移転させてくれるケースも少なくありません。

 

その場合、”売れない店”の近くに新しく作った店への移転の場合もありますし、全然違う場所(引っ越しする場合もある)になる場合もあります。

 

本部が土地や建物を用意してくれる契約形態の場合は、このように「売上不振店の引っ越し」が出来るのがメリットです。

自前で土地・建物を用意すれば儲かった時の取り分は大きいですが、「引っ越し」はできないですからね。


 

今回のタイトルにある”おにぎり1個の利益”ですが、10個中2個売れ残ったら赤字なんです。

でも、よほど放漫経営をしない限り、”廃棄処分にならないカテゴリー”の売上だけでも十分に食べていける収入になります。

 

ネットで「コンビニオーナー」と検索すると、”悲惨”、”地獄”、”奴隷”といった悪いイメージの言葉が並びますが、そんなに悪い商売ではありませんよ!

 

あと、ここまで読んでいただいたコンビニ経営にご興味がある方なら共感いただけると思うのですが、今すぐ食べるパンやお弁当類は、出来るだけ手前から手に取ってあげてくださいね!

 

 

なお、別のページでは更に詳しくコンビニオーナー500人を見てきた「コンビニ経営成功の秘訣」をご紹介しています。

コンビニ経営の仕組み!元本部社員だから語れる成功の秘訣とは
私は某コンビニチェーンの本部社員として10数年間、加盟店のオーナーにアドバイスをするスーパーバイザー(経営指導員)をしてきて、100人以上のコンビニオーナーさんと関...

コンビニ会計の仕組みや立地選定のポイント、経費管理や実際のオーナーの勤務パターンなど、かなり詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

 

やっぱり、成功しているオーナーさんは◯◯と△△が最優先なんです!

スポンサードリンク

コメント

  • 閲覧させて頂きました。非常に解りやすく上手くまとめていているので、観てて勉強になりました。ありがとうございます。一点だけロスチャージの件、あたかもコンビニ会計の方が利益出ている様に書いてますが実際はオーナーに負担がでかいのはコンビニ会計ですよね?そこらへんも詳しく書いて頂けたら解りやすかったです。

    by パンパン €2017年10月31日 6:28 AM

down

コメントする