いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

プロ野球トリプルスリーの歴代達成者と最高年俸一覧

time 2016/09/07

プロ野球トリプルスリーの歴代達成者と最高年俸一覧

2015年の流行語大賞にもなった「トリプルスリー」。

野球に興味のない人にはイマイチ何のことか分からないと思います。

  • 打率 ・・・3割以上
  • 本塁打・・・30本以上
  • 盗塁 ・・・30回以上

これを1年のシーズン終了時点で全て達成していることを「トリプルスリー」と言います。

日本のプロ野球選手で歴代10人(11回)しか達成していない(2016年シーズン終了時点)ことを考えると、すごい記録だということが分かるのではないでしょうか?

「打って走れる選手」じゃないとダメなんですね。

 

なお、歴代最速ピッチャーランキング高校生・プロ野球や、2016夏の甲子園出場高校偏差値ランキングはこちらのページからご覧ください。

スポンサードリンク

歴代トリプルスリー達成者

ヤクルトの山田哲人は史上初の2年連続トリプルスリー達成です!

選手名(チーム)達成年打率本塁打盗塁
別当薫(毎日・30歳)1950年.33543本※34個
岩本義行(松竹・38歳)1950年.31939本34個
中西太(西鉄・20歳)1953年.31436本※36個
簑田浩二(阪急・31歳)1983年.31232本35個
秋山幸二(西武・27歳)1989年.30131本31個
野村謙二郎(広島・29歳)1995年.31532本30個
金本知憲(広島・32歳)2000年.31530本30個
松井稼頭央(西武・27歳)2002年.33236本33個
山田哲人(ヤクルト・23歳)2015年.32938本※34個※
柳田悠岐(ソフトバンク・27歳)2015年.363※34本30個
山田哲人(ヤクルト)2016年.30438本30個※

※はその年のタイトル獲得

アニキこと金本選手は、シーズン最終試合でギリギリ30本目のホームランを打ってトリプルスリーを達成。

さすが勝負強い!

スポンサードリンク

トリプルスリー達成者 現役時代の最高年俸(推定)

これがトリプルスリー達成者の現役最高年俸だ!

◆簑田浩二 ・・・4,000万円

◆秋山幸二 ・・・2億4,000万円

◆野村謙二郎・・・2億円

◆金本知憲 ・・・5億5,000万円

◆松井稼頭央・・・8億円

◆山田哲人 ・・・3億5,000万円

◆柳田悠岐 ・・・2億7,000万円

時代や物価が違うとはいえ、蓑田選手は今の選手と比べるとすごく少ない気がしませんか?

一方で山田選手、柳田選手はまだ現役なので、これから更に更新する可能性が大。

山田選手は2年連続トリプルスリー達成の大活躍だったので、2017年の年俸は前年の150%以上での3.5億円

 

ちなみに松井稼頭央の最高年俸はメジャー移籍後の金額です。

それにしてもすごい金額!

スポンサードリンク

あと一歩でトリプルスリーを逃した選手

・青田昇(巨人・1950年)  打率.332 本塁打33 盗塁29

・川上哲治(巨人・1950年) 打率.313 本塁打29 盗塁34

・長嶋茂雄(巨人・1958年) 打率.305 本塁打29 盗塁37

 

惜しい!あとホームラン1本、あと盗塁1個だったのに!

悔しかったでしょうね!

プロ野球の歴代三冠王

参考までですが、トリプルスリー以上に難しいのが「三冠王」のタイトル。

打率、打点、本塁打の全てでリーグトップの成績を獲得しないといけないからです。

 

トリプルスリーは、3割、30本、30盗塁をクリアしたら同じ年に何人でも達成出来るのに対し、三冠王はその時のリーグに必ず1人しかいないからです。

選手名(所属)達成年打率本塁打打点
長嶋治康(巨人)1938年.36110本38
野村克也(南海)1965年.32042本110
王貞治(巨人)1973年.35551本114
王貞治(巨人)1974年.32249本107
落合博満(ロッテ)1982年.32532本99
ブーマー(阪急)1984年.35537本130
バース(阪神)1985年.35054本134
落合博満(ロッテ)1985年.36752本146
バース(阪神)1986年.38947本109
落合博満(ロッテ)1986年.36050本116
松中信彦(ダイエー)2004年.35844本120

落合選手は三冠王を3度も獲得しています。

ちなみに落合選手は日本のプロ野球選手で初の1億円プレーヤなんですよ。

 

なお、プロ野球球団別年俸総額ランキングでは、2011年以降の球団別の年俸総額や、歴代の個人年俸記録(トップは佐々木主浩の6億5千万円)もご紹介しています。


 

毎年シーズン終了が近い8月、9月に入るとチームの成績と同時に個人のタイトルにも注目が集まりますね。

トリプルスリー達成選手や、2004年以来出ていない打者三冠王など、スター選手がこれから出てくるのが楽しみです!

 

また、歴代最速ピッチャーランキング高校生・プロ野球や、2016夏の甲子園出場高校偏差値ランキングのページもぜひお楽しみください!

スポンサードリンク

down

コメントする