いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

レンタカーの保険は絶対加入!免責?未加入時のトラブル?

time 2016/03/09

レンタカーの保険は絶対加入!免責?未加入時のトラブル?

私は仕事や旅行でレンタカーをよく利用しています。

人数が増えたり、大きな荷物を載せたり、雪の時はスタッドレスタイヤ付きを選べたりとても重宝しているのですが、20代の頃に保険代をケチってしまい、苦い思い出がありますので、保険の簡単な仕組み・内容と併せて、『保険は絶対に加入した方がいいですよ!』というメッセージも込めたいと思います。

※トヨタ、オリックスなどの大手レンタカー会社の保険について記載しています。全てのレンタカー会社に当てはまる訳ではありませんのでご了承ください。

スポンサードリンク

3つの保険と私の事故の話

基本保険

レンタカーを借りると、漏れなく保険がくっついてきます。

各社呼び方は違いますが、ここでは『基本保険』と呼びます。

・対人補償 無制限

・対物補償 3,000万円

・車両補償 時価

・人身傷害補償 3,000万円

人身補償とは、『同乗者がケガした場合の補償』です。

万が一事故を起こして人を轢いてしまい相手に1億円の損害を発生させてしまった場合、『対人無制限』なので保険でカバーしてくれます。

ただし、”相手への補償を保険で賄うなら追加でお金を払ってくださいね”、”もし追加でお金を払わないと全額自腹ですよ“というシステムになっています。これが『免責金』です。

物を壊して対物補償を使うなら5万円、自分の乗っていた(レンタカー)車も壊して車両保険を使うなら5万円、相手の物と自分の乗っていた車の両方に保険を使うなら10万円払ってください、という仕組みですね。

ただし、この免責金を払わなくてもよいオプションがあり、おおよそ1日あたり1,000円支払えばどれだけ大きな事故を起こしてしまっても免責金を支払う必要はありません。

基本保険の補償をアップさせる保険

上記①の基本保険の補償をさらに手厚くする保険もあります。

ここでは『安心保険』と呼びます。

・対物補償 3,000万円⇒無制限

・人身傷害補償 3,000万円⇒5,000万円

・ロードサービス補償が追加…鍵の閉じ込みなどでJAFなどのロードサービスを呼んだ場合、領収証があれば代金の一部を店舗が負担してくれる保険。

スポンサードリンク

事故車の休業補償保険

事故を起こしてしまった場合は上記の保険で賄われますが、もしあなたが乗っていた車(借りた車)が破損した場合、その車を修理に出さないといけません。

本来、その車が無事に戻ってくれば次のお客様に貸し出せる予定でしたが、修理に出してしまった場合、レンタカー会社は『本来その車で稼げるはずだった売上』が無くなることになります。

それが『休業補償』と言われるもので、一般的にNOC(ノン・オペレーション・チャージ)と呼ばれます。

車も保険で直してください、プラスで休業補償もしっかりいただきますよ、という理屈です。

最大で5万円(大破しても上限はそれくらい)くらい支払わないといけませんが、こちらも1日あたり1,000円程度支払えば休業補償の支払いは不要になります。

3つの保険を合わせていくら?

車種によって1日あたりの料金は大きく違いますが、保険料はそれほど大きく変わりません。

『基本補償の免責金を払わなくてもよいオプション』『基本補償をアップする安心保険』『休業補償を支払わなくてもよいオプション』の3つを加入しても、おおよそ1日あたり3,000円くらいです。

 

保険をケチって痛い目を見た私の話

20代の頃、大きな荷物を運ぶ用事がありワンボックスカーをレンタカーでお借りしました。普段と違う車に乗っている楽しさもあり、意気揚々と目的地に向かう途中で事故に遭ってしまったのです。

詳細は省きますが、警察のジャッジでは加害割合は私が10%、相手が90%。

保険代をケチって未加入だった私は、結果的に15万円ほどの追加出費を余儀なくされたのでした。。。

私も相手も幸いケガはなかったのですが、痛い出費でした。

関連ページ:格安で評判のニコニコレンタカーを使ってみた!

店員さんの説明は良く聞くこと!

事故2

今思い返せば、レンタカーの店員さんも保険の説明をしてくれていたのだと思いますが、『保険料追加で3,000円か。半日程度しか乗らないから保険は入らなくてもいいや!』という安易な判断をしてしまったのでした。。。

もちろん保険加入は任意ですが、もらい事故でも事故は事故。

あなたに費用が発生してしまいます。

また、店舗出発時に最初からあった傷やへこみをあなたも店員さんも見落としており、店舗に帰着した時に店員さんがその傷やへこみを発見してしまった場合。誰が悪いことになるのでしょうか?

そうなんです。あなたが悪者にされるかもしれません。最初から傷がついていた証拠はないですから。。。

しかしそうした場合でも、保険に加入していれば追加出費は要りません

出発時の傷チェックは必ず店員さんと一緒にじっくり確認しましょう。

数千円の出費は痛いかもしれませんが、万が一に備えて保険の加入は強くオススメします!

スポンサードリンク

down

コメントする




アーカイブ