いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

大型免許合宿の1日の流れ!現地スケジュールと14日間の過ごし方体験談

time 2016/03/03

大型免許合宿の1日の流れ!現地スケジュールと14日間の過ごし方体験談

随分以前ですが、合宿で大型免許を取得したときの体験談です。

 

  • 現地で独りぼっちだったら寂しいかな?
  • 回りはみんなグループだったらどうしよう?
  • 若者(またはおっちゃん)ばっかりで浮いてしまわないか?

といった不安をお持ちの方が多いようですし、私も友人から「大型の合宿免許ってどうなの?」とよく聞かれたので、私の実体験をご紹介していきます。

 

ちなみに私が合宿で大型免許を取ったときは、費用が20万円、日数は14日でした。

検定で落ちた同期の人もいなかったので、ほとんどの方がこれくらいの費用と日数で終わると思います。

 

楽しい2週間でしたし、普通免許を取ったときよりも断然カンタンでしたよ!

スポンサードリンク

現地でのスケジュールと過ごし方

私の回りには普通免許を合宿で取った人はたくさんいますが、大型免許を合宿で取った人、そもそも大型免許を持っている人もいなかったので、現地のスケジュールがどうなっているのか分からず不安でした。

 

今はネットで何でも調べられますが、検索しても費用や日数のことばかり。

1日のモデルスケジュールを紹介しているページがほとんど見つけられなくないですか?

 

簡単ですが、大型(中型)免許と普通免許の合宿スケジュールの違いや、現地での過ごし方をご紹介していきます。

大型と普通車のスケジュールの違い

大型と普通車の現地スケジュールの最大の違いは、【大型は学科の授業がゼロ】ということです。

授業が少ないのではなく、ゼロなんです。

 

つまり、大型免許の教習は実技のみということ!

 

教習所を卒業したら各都道府県の免許センターに行きますが、そこでも学科試験はありません

書類を提出して免許証をもらうだけ!

 

だから合宿先でのスケジュールは、すごく時間を持て余すんです。

具体的な1日の合宿スケジュール

AT免許スケジュール画像

上の表は、標準的な普通車(オートマ)のスケジュールで、14日間で卒業という流れです。

技能教習は31時間、学科教習は26時間。

 

しかし、大型は技能教習20時間、学科教習0時間です。

上の表の中から、「学科(緑)」マークが全部無くなって、更に「実技(オレンジ)」のマークが11個も減っちゃうんですよ。

技能 学科 合計
普通車(AT) 31時限 26時限 57時限
大型車 20時限 0時限 20時限

 

現地での総時限数は約120時限(10時限×10日)ほどありますが、大型免許組の出番は20時限の実技だけ

表にするとこんな感じ。
大型免許スケジュール画像

 

 

 

 

 

そうです。100時限分も時間が空いてしまいます。

時間が有り余って仕方がありません

 

それでも教習所に通うよりも、早く免許取れちゃいます。

 

ところで合宿教習所は、大半が地方の山奥や繁華街からは遠いところにありますが、この間に何をしていたのでしょうか?

技能教習(車の運転)以外の時間はフリー

私の行った免許合宿所(岡山県)は、自分の実技運転の時間(2週間で20時限)以外は外出も可能でしたが、周辺にコンビニもない地方だったのでずっと教習所内にいました。

  • 休憩室でテレビを見る
  • 持参した本を読む

これくらいしかありませんが、さすがにこれだけでは14日も間が持ちません

みんな暇で仕方がない

もちろん暇なのは私だけではなく、一緒に入所した人も同条件です。

当時、普通車組が10数名、大型組が5~6人いましたが、食堂や待合室は普通組・大型組も一緒。

 

年齢も10代~50代までの男女幅広い層がいましたが、3日くらい経つとみんな顔なじみになって一緒に合宿所のゴハンを食べたり、休憩時間(大型組の人は1日の大半が休憩ですが)に『どこ住んでるの?』『仕事は何をやってるんですか?』みたいな話になります。

 

私が合宿に行った当時はスマホが無い時代だったので、大型も普通車組も男女混じって”人生ゲーム”とか”将棋”を仲良くやってましたね。

 

一番将棋の強かった人は、どうみてもヤンキー(金髪・ピアスたくさん)風の10代後半の普通車組のお兄さんでした。

見た目は悪そうだけど、すごく礼儀正しくて『おじいちゃんに将棋を鍛えられたんですよ』と爽やかに言っていたのを覚えています。

 

他の人と会話するのが苦手な人は、スマホを一日中いじっているかテレビを見るか、または本を読むくらいしかやることが無いみたいで、そこは今も昔も変わらないようですね。。。

スポンサードリンク

夕食後は飲みに行く

全員ではありませんが、仲良くなった人たちでタクシーに乗って色々と飲みに行ったりしていました。

 

もちろん翌日の教習には支障がない範囲内ですが、2~3日に一回は少しずつ違ったメンバーで遊びに行っていました。

10代の女の子~50代のおじさんまで、普段は何の接点も無い人たちと色々とお話をして、本当に楽しい時間でしたよ。

自分の車で出かける

合宿教習所の場所によっては、自家用車で現地集合できるところもあります。

大型免許取得を目指している人は必ず普通免許を持っているはずなので、自分の実技の時間以外は自分の車で出かけることも可能です。

 

ただし、自家用車で外出中に事故を起こしたりすると、大型免許が取れなくなってしまう可能性もあるので、あまりオススメではありません!

スポンサードリンク

まとめ

大型免許を取ろうという人は、「仕事で必要」とか「将来のために免許取っておく」という方が多いと思います。

 

でも安心してください!

大型車の運転は、始めて普通車を運転したときよりは簡単に感じるはずです。

車が大きいだけで、動かし方は普通車と同じですからね。

 

また、一人で合宿に行くのは不安だと思いますけど、回りの人も同じように不安に感じているはずです。

 

年齢も性別も職業も全然違う人と話せる機会ってそうそうありませんし、楽しい時間でしたよ。

 

合宿は不安だから自宅からの通いで免許取ろうか、一発試験に挑もうかとお考えの方もおられると思いますけど、合宿免許でも費用や場所・時期などたくさんのプランあるので、ぜひ比較して参考になればうれしいです!

 

費用は17万円~22万円日数は最短14日くらいが標準的ではないでしょうか?



down

コメントする