いろいろ気になるどっとこむ

気になること、楽しいこと、生活のこと、仕事のこと。いろいろとご紹介していきますね。

コンビニはクレジットカードで支払いを!現金払いは大損!

time 2016/05/01

コンビニはクレジットカードで支払いを!現金払いは大損!

コンビニで買い物をするとき、『ポイントカードお持ちですか?』とよく聞かれますよね。

セブンイレブンならnanacoカード、ローソンならポンタカード、ファミリーマートならTポイントカードとか。

私はセブンイレブンが好きなので、財布にnanacoカード(1,000円単位でチャージして決済)を入れて使っていますが、その他のコンビニではクレジットカードで精算しています。

1回100円の買い物でも、知らないうちに結構ポイント貯まってるんです!

みんな何で現金で支払いするんですか?

スポンサードリンク

クレジット支払いをしたらこんなにもポイントが貯まる

d4f686e59b30ecb7a79030c2541287a8_s

カードのポイント還元率によって差はありますが、平均して1%のカードが多いようです。

例)1週間で1,000円の買い物
1,000円×52週=52,000円 何もしなくても520円分のポイント!

スポンサードリンク

コンビニでクレジットカード支払いをしない理由

  1. 少額でクレジットカードを出すのを躊躇う
  2. サインや暗証番号の入力が面倒
  3. 使いすぎが怖い

主にこんな理由の方が多いのではないでしょうか?

お店はクレジットカード支払い大歓迎

一般的なコンビニでは、店員さんのシフトが入れ替わるたびに、毎日5~6回も現金の多い少ないを数えています。

利益率の低い商売なので、間違えてお釣りを多く渡したりしてしまうと大変なんです。

でもクレジットカード支払いなら間違うことは絶対にないので、むしろ歓迎されますよ。バイトさんには関係ないことですが、お店のオーナーは絶対にカード支払いを歓迎します!

1万円未満ならサインは不要

大手コンビニチェーンでは、1万円未満のお買い物であればサインは不要です。カード渡してレシート貰うだけ。現金よりも早いし楽ちん!1万円以上の買い物であれば、レジから長いレシートが出てくるのでそこにサインが必要ですが、コンビニで1万円も買い物しませんよね?

クレジットカードを使うと手数料はかかる?

もちろん手数料はかかりません。現金と全く同じ金額でOKです。

手数料は誰が負担?

クレジットカード会社は、加盟店から決済金額の数%を手数料として徴収して収益を上げています。

でもお客さんから手数料を取らないということは、お店が負担してるのでしょうか?

セブンイレブンに関していえば、本部が全額負担しています。

だからお店のオーナーの懐も痛みません!堂々とクレジットカードを出してください

関連ページ:消費者金融・クレジットのキャッシング 金利の計算方法知らずに借りてるの?

コンビニでクレジット支払いできない商品

そもそもコンビニでクレジットカードを使えることを知らない人も多いと思いますが、実際に99%の人は現金で支払っています。

お客さんが1,000人来店されたらクレジット支払いの人は10人以下です。

本当にもったいない!

【クレジットカードで買えない主な商品】
公共料金、ネットショッピングの支払い、プリペイドカード、切手印紙ハガキ、商品券各種、TOTO・BIGなど。

それ以外は、タバコも含めて基本的にはほとんどの商品がクレジットカードで精算できます。

まとめ

私はほぼ毎日コンビニで買い物をしますが、使う金額は1週間で5,000円くらい。

5,000円×52週=260,000円也!

ポイントは1%として2,600円分ですが、nanacoカードを併用してボーナスポイント云々で実際は5,000円分以上のポイントを貰っています

同じ買い物をして5,000円も貰えるんですよ?一回吞みに行けますよね。

これはクレジットカードやポイントカードを使わない手はないですね!ぜひ検討してみては?

スポンサードリンク


down

コメントする